TRANSGENDER

【FTMは見るべき】寿命が平均45歳ってほんと?ホルモン注射のデメリット9つ

心と体の性が一致しない性同一性障害。

病院からその診断が下りると、いよいよ自分の心の性に近づく為の治療が受けれるのですが

その治療の中の1つ、ホルモン注射にはデメリット(副作用など)があります。

今回は、FTM(female to maleの略で、身体は女性で心は男性の方)のホルモン注射のデメリットを9つ紹介します。

肝機能障害

肝機能の働きが低下するので、お酒を控えなければなりません。

多血症

ホルモン注射により、血の量が増えるので血管が詰まることがあります。

高血圧

高血圧になりやすくなるので、適度な運動や食事にも気をつけなければいけません。

LDLコレステロール上昇

LDLコレステロールが上昇する為、高脂血症になります。

また、中性脂肪も増えるので動脈硬化を引き起こしやすくなります。

今まで以上に食生活に気をつけなければいけません。

薄毛

薄毛の原因は、女性ホルモンの値が低くなることから来ます。

その為、薄毛になりやすくなります。

体臭

男性ホルモンを投与すると、皮脂が増えるので体臭が出てきます。

ニキビ

皮脂増加によりニキビができやすくなります。

精神不安定

一般的に、男性ホルモン1つであるテストステロンには精神を安定させる作用があるのですが

ホルモン注射を始めると、人により体内のホルモンバランスが乱れるので精神的に不安定になり、最悪の場合うつになることがあります。

物忘れ

物忘れしやすくなります。ホルモンボケといわれてるようです。

寿命は縮む?

海外の病院の論文により結論が出ていますが、一般の人と寿命の違いはほぼないようです。

ネット上でやけに目にする平均寿命45歳というのはデマのようです。

最後に

生まれ持った体の性別を変えるということは、自分の身体を改造するということなので大きな負担になります。

より男性に近づけるのであればデメリットなんて・・・と思うかもしれませんが、知ったうえで行動することが大切です。

日頃から適度な運動をするように心がけたり、食事を見直すようにしましょう。

【FTM】男性ホルモンの投与でモテモテ!?背が伸びるってホント!?嬉しい効果8選女性の身体をもって生まれた男性の皆さんの中には、ホルモン注射を検討されている方が少なからずいるかと思います。 ホルモン注射により体内の...
MTFよりも高額?!FTMの性適合手術の費用はいくら?心と体の不一致 想像してみてください、男性(女性)であるあなたは、ある朝起きてみたら女(男)になっていた。 そして、周囲もあなたを女(...