NEWS

【2020年最新版】おススメのLGBT向け求人サイト5選

LGBTフレンドリー企業を探せ!

 LGBT当事者が就職する際に気をつけたいこと、それは、就職先の企業がLGBTフレンドリーかどうかということです。

 日本は、LGBTという言葉はだいぶメジャーになってきたものの、未だに差別や偏見が残っているのが現実です。企業よっては、LGBTというだけで門前払いを食らったり、面接でいろいろ聞かれて嫌な思いをしたりしていまいます。

 その点、LGBTフレンドリー企業は、人事担当者を含めて社員に必要な教育を受けさせており、差別や偏見の目で見られることはありません。

 近年では、LGBT当事者に特化した求人サイトなども数多く登場しています。それらのサイトを活用すれば、きっと自分に合った就職先を見つけることが出来るでしょう。

 今回は、LGBTが利用しやすい求人サイトについてまとめました。

ジョブレインボー

URL:https://jobrainbow.jp/

オススメ度:

 ジョブレインボーは、国内最大級の規模を誇るLGBTのための求人サイトです。独自に「LGBTフレンドリー度」という尺度を設け、各企業が、どの程度LGBTにフレンドリーであるのかをわかりやすく表示しています。

 サイト内で紹介されている企業は、厳選な審査を通過した企業だけですので、利用者にとっても安心です。

 また、LGBTフレンドリー企業の中でも、職種、業種、勤務地、雇用形態など細かく条件設定することが可能となっています。

レインボーワーカープロジェクト

URL:現在サイトは見つかりません。

オススメ度:

 レインボーワーカープロジェクトは、介護の仕事に特化したLGBT求人サイトです。

 介護の仕事は、男女で仕事量に差がなく、高齢者や障害者を扱う機会が多いため、周囲の目があまり気になりません。よって、LGBT当事者にとっては非常に働きやすい労働環境を得ることができます。

 LGBTのキャリアアドバイザーが丁寧にヒアリング・面談等を行い、利用者に最も適したLGBTフレンドリー企業を紹介してくれます。

 介護職特化型のサイトなので、職種の幅が限定的となってしまうのが難点です。

Nijiリクルーティング

URL:https://niji-recruiting.com/

オススメ度:

 Nijiリクルーティングは、LGBT当事者の転職についてサポートをしてくれるサイトで、主に20~30代の若い年齢層に人気があります。LGBT専門のプロ・キャリアアドバイザーが常駐し、利用者の特性に応じたLGBTフレンドリー企業を提示してくれる他、書類の書き方や面接時のアドバイス等を無料で行ってくれます。

Tran-Spot

URL:https://tran-spot.com/

オススメ度:

 Tran-Spotは、パブやラウンジなど、主に夜のお店の求人について取り扱っているLGBT専用サイトです。求人情報の他にも、特集記事を数多く掲載しており、役立つ情報が満載です。

 夜のお店以外の求人については数が少なめなので、昼間の仕事に就きたい人にとってはやや使いづらいかもしれません。

インディード

URL:https://jp.indeed.com/

オススメ度:

 言わずと知れた超大手求人サイトで、登録企業数が圧倒的に多いのが強みです。検索キーワード内に「LGBT」と入力して検索をかければ、数百もの関連企業情報を閲覧できます。

 LGBT専門のサイトではないので、専門家による手厚いサポートを受けづらく、企業の説明欄だけでは、自分の特性に合う企業かどうかが判りづらいのが難点です。

まとめ

サイト名

オススメ度

概要

URL

ジョブレインボー

★★★★★

圧倒的利用者数

https://jobrainbow.jp/

レインボーワーカープロジェクト

★★★✩✩

介護職専門

https://emimenrainbow.jp/

Nijiリクルーティング

★★★★✩

手厚いサポート

https://niji-recruiting.com/

Tran-Spot 

★★★✩✩

夜のお店多数

https://tran-spot.com/

インディード

★★★✩✩

掲載企業多数

https://jp.indeed.com/