NEWS

LGBTの法的な権利を認めると言わない日本のトップ

昨日の討論会において、選択的夫婦別姓を認める方は挙手と言われた際に

唯一挙手をしなかった自民党の安部首相。

その直後の、LGBTの法的な権利を認める方は挙手という投げかけに

挙手をしなかった安倍晋三首相。

絶好の機会なのになぜ

現在、夫婦別姓を認めていないのは日本だけ。

この議題が上がっている地点で、男尊女卑が根付いている日本の印象が、良い方へ変わる絶好の機会だというのになぜでしょうか?

また、LGBTの法的権利に関しても同じことが言えます。

LGBTの法的権利を認めれば、社会的にもメリットがあることは

同性婚を認めた国を見ればわかります。

咄嗟に『印象操作はやめてください』

『YESかNOと言うことではない。政策的議論はちゃんとしないと・・・。

今の段階で答えられなくてもNOという事ではない。』

等と言っていますが、そもそもこの問題は結構前からありますし

この討論会があるのをわかっていて、答えが出せてないことに疑問を持ちます。

印象操作はやめてくださいと言っているが、印象も何も卑劣だと感じる方が多いと思います。

他にも

原発の新増設を認めないという方は挙手という場面で唯一挙手をしませんでした。

こちらに関しても何を考えているのかわかりません。

これらの問題に対しての、自民党のアンサーは良い方向にはっきり示されるのでしょうか?

やはりLGBTの問題に関してはNOに持って行くつもりなのでしょうか。

国民に寄り添う政治をして欲しいです。