CULTURE

【これが世界のプライド】海外の有名なプライドパレード7選

日本でも東京や福岡、青森などで行われているレインボープライドですが、もちろん世界各地でも同様にLGBTQの人々が
守るべき人権を訴えかける目的でプライドパレードなどのイベントを行っています。

これは、1969年6月28日にニューヨークにあるゲイバー『ストーンウォール・イン(Stonewall Inn)』に警察の手入れが入り、ゲイの人たちがそれに対し起こした暴動『ストーンウォール暴動』が、LGBTQの権利を大きく求めるようになった発端です。

この翌年にアメリカ各地で行われた暴動発生1年を記念するデモが、プライドパレードの始まりとされています。

それでは、個性あふれる世界各国のプライドパレードをサクッと紹介していきます!

San Francisco PRIDE(アメリカ/サンフランシスコ)


世界で最大のプライドイベントではないかと言われています。
毎年6月の最終日曜日に行われ、パレードはエンバカデロ地区にてレズビアンのライダーを先頭に始まります。
シビックセンターをメイン会場とし、そこではライブや色々な食べ物を楽しむ事ができます。
また、カストロ地区に行けばたくさんのレインボーグッズが売っているのでお土産にも良いですね。

NYC PRIDE(アメリカ/ニューヨーク)


5番街36丁目からスタートし、christopher streetとGreenwich Streetの交差点まで
物凄い人混みの中のパレードです。
ストーンウォール暴動が発生したストーンウォールインも通過します。

パレードの他、プライドフェストというストリートフェスティバルがハドソンストリートで行われ、
ハドソンリバーパークでは、プライドアイランドが開催、たくさんのアーティストが登場しライブを楽しめます。
参加は21歳以上。ここでは、次のプライドの為の資金集めもされています。

PRIDE Toronto(カナダ/トロント)

トランスジェンダーパレード 、ダイクマーチ(レズビアンパレード)、プライドパレードと、3日間別々で行われます。
Church、Wellesleyではストリートパーティーが行われ、たくさんのグッズや食べ物の販売がされており、
Ripley’s Aquarium of CanadaでNight at the Aqueerium(チケットは40ドル)が開催され、ナイトパーティーを楽しめます。

他にも、ファミリープライドで12歳以下の子供でも楽しめる内容があったり
Yonge-Dundas Spuareで行われるFinal Play(ファイナルイベント)でDJやドラッグショーが楽しめます。

London PRIDE(イギリス/ロンドン)

ロンドンでは毎年7月に開催。
Portland Place Oxford StreetからWhite Hallまでパレードが行われます。
たくさんのスポンサーの中にはAmazonMusicや、スターバックスも含まれています。

Spain Gay PRIDE(スペイン/マドリード)

アトーチャ駅からコロン広場までパレードが行われます。
そこでは、ダンサーやDJ達がパーティーのような盛り上がりを見せます。

ステージイベントは、Plaza de Pedro Zeroloの他4カ所で場所を設けており、コンサート等を楽しむ事ができます。
そして、注目すべきはハイヒール競争!なんと優勝者には賞金が出るようです。
面白そうですが、けがの瞬間は目撃したくないですね。

La Marche des Fiertés(フランス/パリ)

コンコルド広場からリパブリック広場までのパレード。
パリの他にもたくさんの都市が、3月から8月の間にそれぞれ1日イベントを行っています。

台灣同志遊行 Taiwan LGBT Pride(台湾/台北)


10月の最終土曜日開催の、アジア最大と言われている台湾のプライドパレード。
今年5月から同性婚が合法化されたこともあり、いつも以上に熱く盛り上がりました!
台北の他にも、台南、台中で月日は違いますが、イベントが開催されています。

広まる関心

紹介した国以外でも、プライドパレードを行っているところはたくさんあります!
どの国にもLGBTQの人は存在していますので、このようにパレードなどのイベントをきっかけに、理解を深めてくれる人々が増えて住み良くなるようフレンドリーになるといいですね。

https://hello-lgbtq.com/2019/03/19/kikilgbtparade/

https://hello-lgbtq.com/2019/11/29/douseikoneijuu/