NEWS

日本初のジェンダーレスウェディングサービス!「keuzes wedding by HAKU」

LGBT当事者のための結婚式

結婚式。それは、カップルであれば誰もが夢見る愛の一大イベント。
しかし、LGBTに関する理解が広まっていないこれまでの日本においては、当事者同士の挙式はマイナーケースとして見られていました。
式場に打ち合わせにいこうものなら、スタッフから怪訝な表情をされたり、周囲から変な目を向けられたり。
ひどいところになるとLGBTを理由に挙式を断わられたり・・・
「結婚式を挙げたいけどできない・・・」
LGBTというだけで涙を飲んだカップルの数は、枚挙に暇がありません。

しかし、2021年4月、革命的なサービスが開始されたのです。
それは、日本初となるジェンダーフリーウェディングサービス「keuzes wedding by HAKU」
このサービスは、セクシャルマイノリティーとの関わり深いファッションブランド「keuzes」と、完全オーダーメイドの結婚式を提供するオリジナルウェディング「HAKU」が共同プロデュースしたことにより実現しました。

今回は、そんな「keuzes wedding by HAKU」について深掘りしていきたいと思います。

「keuzes」「HAKU」について

まず、本サービスの中心的役割を果たしている「keuzes」と「HAKU」について触れておきます。

「keuzes」は、自分の人生は自分の思うように生きようというコンセプトのもと、セクシャルマイノリティーの方々に寄り添ったアパレル商品を生み出してきました。
具体的には、女性の身体にフィットするメンズ型スーツや、ナプキン付きボクサーパンツなどがあります。
「keuzes」代表の田中さんは、身体的性別は女性であるものの精神的性別は中性又は無性と感じるXジェンダーの方。
ご自身は、子供の頃から身体的性と自認する性の違いに悩まされていたそうです。
ご友人の結婚式に参加した際、着られる服が無くて困惑。オーダーメイドで、女性型男性スーツを作ったという経緯があります。
そんな経験がきっかけで、「keuzes」を立ち上げたということです。

「HAKU」は、既存の形に拘らないウェディングサービスを提供してくれるウェディングプロデューサー。
結婚式を、「これからの人生をずっと豊かに幸せにする絆」として人生最高の財産であるととらえています。
マニュアルに沿って計画を進める一般的なやり方と違って、そのカップルの人生や価値観にまで視点を向けた特別度の高いサービスが何よりの売りです。
HAKU」にとっては、二人に最高な時間と空間を提供できることが何よりの目的であり、身体的性別の違いなどは何も関係がないことなのです。

「keuzes wedding by HAKU」について

「keuzes」と「HAKU」。この二つがコラボしたものですから、素晴らしくない訳が有りません。
結婚式を申し込むLGBTカップルは、なんらストレスを抱えることなく計画を進めることができます。
式は、もしろん完全フルオーダー。世界に一つしかないオリジナルな式を挙げることができます。

挙式までの流れは、大きく分けて3つ。

①希望などのヒアリング

keuzes weddingに所属するスタッフたちは、これまでに幾度もLGBT関連のサービスを提供してきた熟練のスタッフばかり。
どんな些細な悩みにでも、親切にサポートしてくれます。

②結婚式会場の選定(挙式7か月前~)

結婚式場には、ジェンダーフレンドリーな式場とそうではない式場があります。
個人で調べるには、なかなかの手間がかかってしまいますが・・・
keuzes weddingが提案してくれる式場は、もちろんジェンダーフレンドリーの式場ばかり。
あとは、自分の好みに合わせて決めればOK!

③挙式内容と当日の流れの決定(挙式5か月前~)

式場が決まれば、配席、BGM、料理などの具体的な内容の打ち合わせに入っていきます。
肝心の衣装ですが、用意されるものはLGBT挙式に特化したものばかり。どんなLGBTのタイプにも対応してくれます。
ヘアメイクもばっちりです。

そして本番・・・
最高のスタッフたちが、最高の思い出をサポートしてくれることでしょう。

まとめ

というわけで、日本初ジェンダーレスウェディングの「keuzes wedding by HAKU」を紹介してきました。
ヒアリングや質問などは、ホームページの「問い合わせ」やInstagramからも行えますので、仕事が忙しいという方や距離があって直接出向けないといった方にも対応しています。
また、無料で資料請求もできますので、気になった方は申し込んでみてはいかがでしょうか?

これから先、LGBT当事者のカップルが何のストレスも無く挙式できるような世の中になってくれるといいですね。